STORM GLASS 151949300

STORM GLASS/ 天気管

ストームグラスは、19世紀のヨーロッパで船の出港前に使われた天気予測の道具として
研究されたもの 結晶の形で天気が分かるとされています
フランスの有名な作家ジュール・ヴェルヌも「海底二万里」という本の中で、
ネモ船長が教授にノーチラス号に設置している機器としてストームグラスのことが記述されています
気圧や温度の変化によって結晶の形が日々変化しますので、
日々の移ろいをゆったり眺めるのも良いですね
またギフトとしても喜ばれそうです

○ 晴れの日 / 晴れの予報では、固形物は底へ沈み液体は透明になります
○ 夏の暑い日 / 夏など気温が高い日は結晶はできにくいそうです
○ 台風や嵐 / シダの葉っぱのような形の結晶ができます
○ 冬の寒い日 / 冬や雪の予報だと、白くなった液体の中に小さな星のような浮遊物を見ることができます

materials : ガラス・エタノール・天然樟脳
size : 約 φ8×H11cm
color:made in china

販売価格
3,800円(税抜)
購入数